投資助言代理業(投資顧問業)関東財務局長(金商)第2267 クロスリテイリング株式会社

【アフィリエイト】コピーライティングと文章の違いとは・・・?


 

世の中には大きく2種類のテキスト媒体があります。

それは、

文章コピーライティングです。

この違いはなんだと思いますか?

そして、意外と認識されていない事なのですが、
紙媒体とWEB媒体の違いをご存知ですか?

本日はアフィリエイトをするにあたって
ずっと付き合っていくことになるであろう

「コピーライティング」

についてお伝えしていきますね。

この事実を知ることによって、
コピーライティングの本質を
理解していただけると思います!


—————————————————–
コピーライティングとは!?
—————————————————–

コピーライティングとは要するに、

「人間の心理を理解して、
 言葉で読者さんの行動を変えること」

です。

決してWEB上の文章でもなく、
セールスのための文章でもありません。

対して文章とは要するに、

「言葉で伝えること」です。

文章に関しては、
ものすごく広い要素が沢山つまっています。

それをふまえた上でのコピーライティングの
捉え方としては、

「人のアクションを生む」

ことに特化した文章と言えるでしょう。

ここまではもしかしたら、
あなたもなんとなく理解しているかもしれません。

そこで一歩進んで
文章力が必要と言われている紙媒体と、

コピーライティング力が必要と言われている
WEB媒体で何が違うのか?

という部分をお伝えしていきますね!

紙媒体は“お金を払って”
読んでいる事がほとんどです。

WEB媒体は“たまたま目に止まって”
読んでいる事がほとんどです。

このサイトでも、
ライティングスキルについては度々取り上げています。

それに加え、
読者さんの根底にある行動心理を理解することによって、
あなたの表現は大きく変わってくるかと思います!

過去記事のテクニックなども参考にしていただき、
ぜひ人の目に止まる文章を作ってみて下さい。


—————————————————–
読者さんを動かす文章で成約率UP!!
—————————————————–

コピーライティングは

「人のアクションを生む」

ことに特化した文章だということを
お伝えしてきました。

ここで、その文章をより多くの人に
拡散する方法の1つとして、
応用テクニックをご紹介致します。

最近広告の主戦場の1つである
SNSでの拡散を狙う方法なのですが、

まず、読者さんに「え!?気になる!」と思わせるような
題名を使います。

そして、中身も読者さんにとって
新しい発見があるような記事をSNS上にアップします。
(画像つきのものなどは直感的に分かりやすく伝えやすいので
 拡散もされやすいです。)

そういった記事と一緒に、
魅力的なサービスやモノを伝えるのは
1つのテクニックなんです!

え!?というような疑問を生み
そこからアクションに繋げる。

このような考え方です。

コピーライティングは、
大きく売上に直結する部分です。

このスキルをあげていくことによって、
あなたの成約率もうなぎ登りになっていくことでしょう。

そして使い方に工夫をしていくことで、
成功への道は更にぎゅっと短縮されていきます!

ぜひご活用ください!

それでは、
本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

前のページに戻る


- PAGE TOP -