投資助言代理業(投資顧問業)関東財務局長(金商)第2267 クロスリテイリング株式会社

【アフィリエイト】あなたの記事は大丈夫?離脱されやすい2つの理由


  
 
通勤中によく色々なブログや
まとめ記事を読んだりしているのですが、

タイトルがとても魅力的で
内容が凄く気になってクリックしても

少しでも読みにくいなと思うと
ページをすぐに閉じてしまう
ことがよくあります。

せっかく頑張って書いた記事も、
読み始めですぐに離脱されてしまっては
悲しいですし、成約にも繋がらないですよね・・(T_T)

でも離脱されてしまうことには、
必ず理由があるものなんです。

そこで本日は、

「読者さんに離脱されやすい2つの理由」

についてお伝えしていきます!

なぜ離脱されるのかを知ることで、
それを未然に防ぐことができるようになるはずですよ^^
 

—————————————————–
「もういいや」と思われてしまう原因
—————————————————–

まず、記事の冒頭で結論を書いていない
離脱されてしまう確率はとても高くなるんです。

例えば記事のタイトルが

「わたしがFXで月収50万を実現した方法!」

と書かれているのに

冒頭ではFXとの出会いが書かれていて、
そのあとはFXの失敗談が長ったらしい文で
ツラツラと書かれていたりすると

「もういいや・・・」

と思ってしまいますよね?

まず、読者さんは何かしらの「悩み」を抱えていて
それを「解消したい」と思うからこそ
記事を読もうと行動してくれるんです。

でも、それがすぐに解消できないとなると

「別のサイトでみればいいや」

と思われてしまうんですね。

あなたの記事に一瞬で興味を持ってもらい、
引きずり込むためにも、

冒頭で結論をズバッと伝えてあげて
読者さんの悩みを早く解消してあげましょう!
 

—————————————————–
「わかりました」と思われてしまってもダメ!
—————————————————–

冒頭で結論を伝えることは大切ですが、
全てを伝えすぎてしまうと

「わかりました」

と思われて離脱されてしまうんです。

もちろん、冒頭で商品紹介のURLをクリックしてもらえれば
結果的にはそれで良いともいえるかもしれません。

しかし、誰しもがすぐにクリックするわけではないので、
そういった人達にはその後の文章を読んでもらい
アプローチをしていく必要がありますよね。

そのためには常に文章の流れを意識しましょう。

冒頭の文章は、
その次の文章を読んでもらうために書き

さらにその文章は、
そのまた次の文章を読んでもらうために書く。

こうすることで次へ次へと、
読者さんに読み進めてもらうことができるんです。

たとえば先ほどの例であれば

タイトルは
「わたしがFXで月収50万を実現した方法!」

冒頭部分で
「FXを始めてまだ数か月でしたが
 1ヶ月後には月収50万が達成できたんです!
 そのとんでもない方法がコレです!→URL」

と書き始めたとします。

この場合、冒頭で月収50万円を実現した方法を
URLを掲載することで直ぐに伝えていますが、

なぜ、その方法で稼げたのかまではわかりません。

すると、それが気になるため
次の文章を読み進めてみようとなるんですね。

このように結論を出しながらも
不透明な部分を少し残しておいて

その次の文章で補足をしていくことで
読者さんに読み進めてもらうことができるんです。
 

—————————————————–
2つの理由を知って離脱率ダウンへ
—————————————————–

本日は読者さんが離脱する
2つの理由についてお伝えしてきました。

この2つを意識しながら記事を書くことで

興味津々な人は冒頭で、
半信半疑な人でもその後の文章で
URLをクリックしてもらえる確率が
大きく上昇します。

また、即離脱されてしまうことを
未然に防ぐこともできる
ため

読者さんの滞在時間も
必然的に上がっていきます。

記事の滞在時間を上げることは
SEO対策としても非常に有効的
ですので

商品を紹介する記事だけではなく、
コラムのようなコンテンツ記事でも

2つの理由を意識することが
とても大切であると言えます^^

ぜひ、結論と文章の流れを意識して
成約率と記事の滞在時間の同時アップを
狙ってみてくださいね。

それでは
本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました!

前のページに戻る


- PAGE TOP -