投資助言代理業(投資顧問業)関東財務局長(金商)第2267 クロスリテイリング株式会社

【FX】知ってトクする2つのMT4活用術で、スマートなトレードを!


 
  
世界中のトレーダーが使っていて
最もポピュラーと言っても過言ではない
代表的なトレードツール、

「メタトレーダー4(通称:MT4)」

とにかく多機能で高性能!
オリジナルのインジケーターも使えて
本当に便利なトレードツールですよね。

日本のトレーダーさんも
ほとんどの方が利用しているじゃないでしょうか?

ただ、そんな便利なメタトレーダーですが
意外と使っていない機能なんかもあったりします。

そこで本日は、
絶対に知っておきたいMT4の2つの機能で
 
  
「スマートにトレードをする方法」
 
  
についてお伝えしていきます^^

ぜひ、あなたからも読者さんにむけて
有益な情報として提供してみてくださいね。


—————————————————–
まずは整理整頓で画面をスマートに!
—————————————————–

複数の通貨ペアでトレードをしていると、
通貨ペアのタブがごっちゃごちゃになったりします。

さらに時間足もころころ変えたりなんかすると、
もうどれがどれなのかを把握するだけでも
あたふたしてしまって、手一杯なんてことに。

そんな状況を整理整頓してくれる機能が
「チャートの組表示」なんです^^

使い方はとても簡単。

チャートウィンドウに
組み合わせたい通貨ペアを全て表示して、

「ファイル」→「チャートの組表示」
→「名前をつけて保存」

これで完了です。

するとチャートの組表示の一覧に、
保存した名前で表示されるので、
あとはそれをクリックすることで

保存したチャートの組み合わせを
パパッと素早く表示させることができるんです。

通貨ペアの組み合わせだけでなく、
表示しているインジケーター
時間足、チャートの表示方法も一緒に保存できるので

ドル円、5分足、ローソク足、MACD
ユーロドル、15分足、バーチャート、RSI

といったような組み合わせを
瞬時に呼び出すことも可能になるんです^^

ただ、注意点があります。

それは保存された組表示
自動でどんどん上書きされてしまうということです。

例えば
「ドル円とユーロ円、それぞれにRSI」
という組み合わせを「Aセット」という名前で
保存していたとします。

「Aセット」を呼び出した後に
「RSI」を削除して「MACD」を適用すると

次に「Aセット」を呼び出した時は
「ドル円とユーロ円、それぞれにMACD
となってしまうんです。

こういった事態を回避するために、
保存した組表示は基本いじらないようにして

新しい組表示を作成したい場合は、

一度、MT4に最初から入っている
「Default」に切り替えてから
色々変更していくのが良い
と思います^^


—————————————————–
状況に合わせてパパッと切り替え!
—————————————————–

インジケーターは万能ではないので、
レンジ相場に強いインジケーターがあれば
トレンド相場に強いインジケーターもあります。

それらを全て一度に見ようとすると、
画面が狭くなってしまったり
チャートがインジケーターだらけになってしまうことも・・・(汗)

そこで「チャートの定型」機能を使って、
状況に合わせてパパッとインジケーターを切り替えることで、
臨機応変でスマートなトレードが可能になります。

これも先ほどの組み表示と同じで、
使い方はとっても簡単。

チャートウィンドウに
保存したい組み合わせの
インジケーターを全て表示させて

「チャート」→「定型チャート」
→「定型として保存」

これで完了です。

表示されているインジケーターの他に
インジケーターの設定値、縮尺の倍率や
チャートの表示方法(カラーなど)
も保存することができます。

通貨ペアを新規でチャート画面に表示したときは
デフォルトの状態で適用されてしまいますが、

いつも使う組み合わせを
「定型チャート」に保存
しておけば、
ポチッと一発で、いつも通りの設定に変えられるんです^^

こちらは「チャートの組表示」とは異なり、
自動で上書きされることはないので安心してくださいね。


—————————————————–
スマートな分析&トレードで成約率もUP!?
—————————————————–

本日は「チャートの組表示」
「定型チャート」の2つの機能ついてお伝えしました。

この2つを活用することで、
通貨ペアの組み合わせやチャートの表示スタイル、
インジケーターの組み合わせから設定まで、

パパッと一瞬で、スマートに
切り替えることができるようになります。

組み合わせはあなたの自由ですので、
自分のトレードスタイルに合わせて
カスタマイズできるところが、
メタトレーダーの楽しみの一つと言えますね^^

また、保存された「チャートの組表示」と
「定型チャート」はシェアすることもできる
ので、

他のトレーダーさんがオススメする
通貨ペアとインジケーターの組み合わせを使ったり、
あなたなりの組み合わせを提供することができます。

例えばトレンドが発生しやすい通貨ペアを
「チャートの組表示」
でまとめ、

トレンドに特化したインジケーターの組み合わせを
「定型チャート」
として保存して

それをあなたが読者さんにシェアし、
その運用方法をしっかりと伝えてあげることで、

読者さんに対して今まで以上に、
有益なFX情報を提供することにも繋がりますし、

より多くの読者さんが
あなたのブログやサイトを活用してくれるようになり
リピーターも増えてくると思います。

※組み合わせの実績も合わせて伝えることで
 読者さんからの信頼感UPに!

そうすることで、あなたの信頼感も上がり、
さらに成約に繋がりやすい
環境づくりもできるはずです。

ぜひ、今回のMT4活用術を役立てていただき、
アフィリエイト報酬の
大幅アップを狙ってみてくださいね^^

それでは、
本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました!

前のページに戻る


- PAGE TOP -